CTとレーザーについて

フリーダイヤル
tel

※水曜日は休診日になります。

診療時間

午前:10:00~13:00
午後:14:30~20:00
(日曜日・祝日は短縮診療)
※水曜日は休診日になります。

歯科医院向け書式
Get Adode Reader

PDFファイルにはAdobe Acrobat Readerが必要です。

求人情報

レーザーについて

当院では炭酸ガスレーザーを治療に取り入れております。治療に用いる対象としては、

レーザーについて炭酸ガスレーザー装置

などです。

普通のメスや電気メスを用いて軟組織を切開した場合と比べて、レーザーを用いると術中の出血が抑えられ、術後の痛みが少なく、治癒が早まり、非常にきれいな治り方をします。

手術のあとの切開線や、口内炎などの炎症性の軟組織に弱い出力で照射する場合も、自己回復機能を増進して、治癒を促します。困難な口の中の殺菌も、洗浄以上のものが期待できます。

また、炭酸ガスレーザーの効果は生体の深部までは影響を与えないため、比較的人体に安全なレーザーです。

写真写真

※わずか一日で、回復した歯肉に縫合糸が埋まって来ています。

CTについて

当院では歯科用CT撮影装置を治療に取り入れております。CT撮影装置とは、X線データをコンピューターで処理して、断層、立体画像を見るための装置です。

通常の平面的なレントゲン画像と違い3次元での解析が可能になり、より多くの情報が得られ、診断や治療計画作成において正確性、安全性が高まります。

CT画像からは、骨の状態(厚み、高さ、質)、歯の埋まっている部分の状態、神経や血管の位置、粘膜や骨の内部の病巣の状態などを立体的に把握することができます。

CT撮影装置
  • CT
  • CT
  • CT

CT画像はインプラント治療、親知らずなどの埋まっている歯、歯根の周囲の病気、歯科矯正などの治療と診断に用いております。

CTを使用したインプラント治療

インプラント治療では、インプラントを埋入する予定の位置の骨の状態を立体的に把握することによって、神経や血管を傷つけないように配慮でき、手術用のガイドを三次元的に正確に製作することによって安全性が飛躍的に高まります。

また、手術中でも撮影が可能なので、インプラントを埋入するためのドリリングの途中でCT撮影し、確認と修正が行えます。

当院ではインプラント治療の際のCT撮影は無料で行っております。

写真写真写真写真
CTを使用した抜歯

親知らずなど埋まっている歯の抜歯では、歯根の位置や方向と、その周囲の神経や血管との位置関係などの情報が詳しく得られます。

抜歯をする際の安全性を向上させ、時間の短縮ができ、リスクが高すぎるという場合も容易に判断できます。

写真写真写真

※黄色い点と線は、神経と血管の入った管の位置を表しています。
親知らずの根が、後方に行くほど舌側の方に曲がっているのが判ります。

歯根の周囲にできた病気に対しては、病巣や骨の吸収の範囲が立体的に把握でき、根の治療が可能かどうかの判断の助けになります。

当院のCT装置は歯科専用のもので、医科用CTとは撮影方式が異なるため被爆放射線量は格段に少量です。
また基本的に全体の撮影ではなく分割で撮影するため、医科用CTの数十分の一程度の被爆量です。

  • 親知らずの治療のためのCTは保険で撮影できます。

  • (下の親知らずで、下顎管という管と接触しているおそれがある場合)

  • 他の歯科医院様からのCT撮影のみの依頼も受け付けております。

  • (閲覧用ソフトとともに、CD-ROMにデータをお入れしてお渡しします。料金は10,500円です)